看護学校での勉強や、旅行、ファッション・・・思いつくままに書いていこうと思いま~す!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
とうとう政府も重い腰を上げたか・・という感想です。



子宮頸がんで亡くなる人は、日本では年間2000人以上いるとのこと。

世界全体では27万人も亡くなってるとか。



子宮頸がんの原因は、そのほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)の感染による。

性交渉によって感染するため、性交渉をもった女性なら感染している可能性は極めて高い。

言ってみれば、子宮頸癌は女性なら誰にでも起こりうる疾患なのである。



普通の癌は様々な原因で起こるから、防ぎようがないと言えば防ぎようがない。

けれど、子宮頸癌はHPVが原因のほとんどなのであるから、ワクチンでHPVに対する抗体を作れば、子宮頸癌に

罹らなくて済むのだ。



世界の多くでは子宮頸癌ワクチンはすでに行われていたが、日本ではようやく昨年末に認められるようになった。



けれど、ワクチンの費用が高すぎる。

1回当たり、2万円~3万円。場合によっては5万円もかかるクリニックもある。



多くの国では公費助成がされているのに、日本ではされていなかった。

だから、三原順子などの国会議員や、様々な団体が公費助成を求めてきたのだ。



ようやく、政府も公費助成を認めることになったが、まだ予算は今年度・来年度の分しか計上していない。

一時的なもので終わられては困る。








2010.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tinton2.blog136.fc2.com/tb.php/15-6bb5bec1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。