看護学校での勉強や、旅行、ファッション・・・思いつくままに書いていこうと思いま~す!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
CBメールマガジンでこんな記事があった。

 日本病院団体協議会日病協)の西澤寛俊副議長全日本病院協会会長)は10月27日、同じ病院で1日に複数の診療科を外来で受診した場合に診療報酬で算定できない初・再診料について、日病協が実施した調査結果を公表した。それによると、再診料(外来診療料)が算定できると仮定した場合の影響額(推計)は、患者数ベース(2009年時点)で約373億円、病床数ベース(同)では約446億円だった。西澤副議長が委員を務める中央社会保険医療協議会中医協)の総会で明らかにした。





 現行の診療報酬体系では、同じ医療機関で1日に複数の診療科を受診した場合、初診料(270点)は2科目に限り135点を算定できるが、200床未満が対象の再診料(69点)と200床以上の外来診療料(70点)については、2科目以降の算定が認められていない。



 調査は今年7月、日病協に加盟する11の病院団体の会員を対象にアンケート方式で実施。初・再診料の算定状況と複数診療科の受診状況を調べた。回答病院は674施設で、回答率は26.7%。

 初・再診料の算定状況については、未記入などを除く666病院を対象に分析した。算定できなかった患者の全体に占める割合は11.3%。病床規模別では、 200床未満が8.7%、200床以上11.5%で、病床数が多いほど高かった。一方、552病院を対象に患者一人当たりの1日の受診科目数を調べた結果、200床未満は平均1.09科、200床以上では同1.11科だった。



 初・再診料を算定できなかった外来患者が再診料(外来診療料)を算定できると仮定し、これらの調査結果に基づいて増加が見込まれる医療費を試算したところ、患者数ベースで372億6637万6470円、病床数ベースでは446億131万6704円の増加となった。また、1床当たりの影響額は200床未満1690円、200床以上では2706円だった。



 この日の中医協総会で西澤副議長は、「複数科受診の再診料(外来診療料)を認めていただければ、医療費は373億円から446億円の増額になる。日病協で協議した時には、『これぐらいの額であれば、ぜひ認めていただきたい』という声が多かった」と説明した。

 調査結果について鈴木邦彦委員(日本医師会常任理事)は、「これが是正されることで、特に大病院の状況は改善されるが、有床診療所や小規模な病院は、前回の(診療報酬)改定で問題になった入院中の他科受診が現状のままになっている。これも改善してほしい」と求めた。



-------------------------------------------------------------------------------------

読んでてよく分からなかった。



次の日記で噛み砕いていこう。
2010.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tinton2.blog136.fc2.com/tb.php/16-4975e742
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。