看護学校での勉強や、旅行、ファッション・・・思いつくままに書いていこうと思いま~す!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ラベルの活用術は、いろいろある。よくぞ人類、発明してくれたものだ、とつくづく感心する。

 私はラベルが大好きである。昔から好きだった。とにかくシールみたいになっているものが好きだ。ビックリマンシールも、みんなは後生大事に缶とかにしまっていたけど、私は自分のノートに即張り。だからノートに名前を書いていなくても、すぐに他の人に「これ○○ちゃんのだよ」と分かってくれたものだ。今は、専門学校に通うくらいの年齢になったが、やっぱりその傾向は健在だ。

 私が考えるラベルの活用法を書いてみよう。

 ①自分の物だとすぐ分かる。

 ②シンプルな文房具でもおしゃれになる。   

   ビックカメラとかで透明のシールが売ってる。それに動物キャラクターとかを

   プリントして、ノートや教科書に貼る。むしろ、そうしたい。だからあえて、私はシンプルなノートを買うのだ。

 ③書類整理に使える。

   教科書の章の区切りに貼って、引きやすくする。これは誰しもやっていることだ

   と思うけど。私はスクラップが趣味みたいなものなので、書類ケースにある程度溜めこんでから、いらないものといるものを仕分けている。この仕訳の時間を私は勝手に「蓮舫タイム」と呼んでいる。書類ケース仕切りのてっぺんにつけて分野を分ける。大活躍だ。

 ④ファイルケースの名前変更に使う。

   私が重宝しているのは、安い紙のファイルケース。書類の入れ替えの際に、ファイルケースの名前書き換えもしなくてはならないのだが、このときも少し大きめのものを使う。毎回の書類の入れ替えの際に、古いファイルの上に新しいものを貼って、名前を書く。今の私の書類整理法だ。



 ときどきビジネス書をコンビニ立ち読みするけど、やっぱり出来るビジネスマンはみんなラベルをフル活用している。これがあることで仕事がはかどるのだと。付箋なんかもこの部類に入るのだろうか? 付箋は一日のタスク管理に欠かせないくらい、重要なものだ。

 至ってシンプルな商品だが、シンプルだからこそ様々な工夫ができる。様々な工夫は仕事を効率化したり、生活を豊かにする。ラベルの達人を目指すのも悪くない。
2010.12.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tinton2.blog136.fc2.com/tb.php/71-958edeaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。