看護学校での勉強や、旅行、ファッション・・・思いつくままに書いていこうと思いま~す!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 昔は「高齢化社会」という言葉をよく聞きましたが、今は「高齢社会」。
 去年の9月時点で、65歳以上の方は総人口の23%を占めているんです。5人に1人は65歳以上の方なんですね。お年寄りでも様々な方がいますよね。元気で一人で何でもできてしまう人もいれば、老化のために誰かに生活の手助けを必要とする人。高齢になればなるほど誰かの手助けが必要になる人の割合は増えていきます。

 今でもヘルパーさんや介護福祉士さんといった、高齢者の自宅や老人ホーム等でお年寄りのお手伝いをしている方々は、なくてはならない存在ですが、彼らの重要性は今後ますます高まってくるように思います。当然、需要も伸びてくるでしょう。だから、今のうちにヘルパーなどの介護資格を取っておくということが、後々役に立ってくると思うのです。

 もうひとつ、私が注目している資格が医療事務です。病院で会計・事務の部署にいる方々ですね。
 今後、日本が高度の高齢社会に入るにあたって、様々な法令の改正があると考えられます。医療報酬は定期的に改訂されますが、今後はそういった法改正も含めて、医療事務が複雑になっていくだろうと考えられます。介護資格と同様、今後重要な資格になってくるのではないでしょうか。

 医療事務をされている方に女性が多いのは、おそらくみなさんお気づきでしょう。
 医療事務は女性の職場です。だから、女性にとって働きやすい環境であると言ってよいでしょう。
 また、医療事務はどの職場であっても業務内容が同じであるため、出産等で一度退職をしても、ひと段落してからまた復職することが難しくないんです。医療事務のメリットでまず初めに上げられるものです。
 
 では、どこで医療事務の資格を取るための勉強をしたらいいのでしょうか。実際のところ、様々な機関で勉強は出来ます。しかし、授業料などで差がある。だから資料をたくさん取り寄せて、じっくり比較しましょう。せっかくだから安上がりに資格を取りたいですからね!
 資料を請求するなら、私はここをお勧めします。
 
 『医療事務の資格・講座情報』
 http://www.careshikakunavi.com/iryoujimu/index.htm

  簡単に特長を書くと、
  ①お住まいの都道府県で開講されている講座の費用や回数、期間を
   一覧で比較できる。
  ②資料はいくつ請求しても『無料』なので、気になる資料を取り寄
   せてじっくり検討できる。
  ③医療系資格の取り方や合格率、資格を取って働く際の給与などに
   関する情報が満載。

 医療事務の仕事内容についても、詳しい説明がこのサイトで見られるので、興味をもたれた方はアクセスしてみてください。一読の価値はあります。ここが、あなたの明るい未来の分岐点かも知れませんから。

 病院で医療事務をされている方って、笑顔が綺麗ではないですか?
 そんな笑顔の綺麗な方に出迎えられると、患者さんってとても安心しますよね。病院の顔といってもいい。医療事務って、そんな仕事だと思います。





2011.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tinton2.blog136.fc2.com/tb.php/80-e7c2fc6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。