看護学校での勉強や、旅行、ファッション・・・思いつくままに書いていこうと思いま~す!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私は占いの結果はあまり信じない。だって、星の動きとか、方角とか、そんなもので人の運命が左右されるわけない。

でも、占いは好きだ。矛盾しているけれど、朝の星占いランキングは欠かさず見ている。1位だったりすると、何かその日はずっとウキウキ気分でいられるのだから不思議だ。もちろん、最下位のこともあるわけで、そんなときは「あー、ちょっと今日は慎重に行動しよう」などと考えたりする。

電話占いというものが世にはあるらしい。
占いというと、オーソドックスに直接占い師が手相を見たり、タロットを引いたり、あるいは雑誌やテレビなどで運勢を書いてみたり、という印象がある。

電話は、直接的でもなく、間接的でもなく、なんか少し違和感がある。だいいち、本当にちゃんとした方法で占っているのか疑問だ。まぁ、それは雑誌やテレビの占いにも同じことが言えるのだけれど。


ただ、最近こんな話を耳にして、少し電話占いに対するイメージが変わった。

相談者は結婚8年の30代の主婦。子どもが二人いて、よそから見ればとても幸せそうな家族なのだが、一つ問題があった。それは旦那の浮気。浮気をしているからといって、旦那は彼女に冷たくあしらうことはなく、やさしく接している。でも、彼女からしてみればやっぱり許せないわけで。そんな思いを口に出せないまま、日常が過ぎて行き、不満が積もり積もって、電話占いに相談したというわけ。
占いの先生はとても優しく、まず彼女の話をじっくり聞いてくれた。それだけでも彼女は救われたという。確かにそうだ。まずは自分の気持ちを誰かに伝えることが重要だったのだ。
その次に先生からのアドバイスによって、彼女の生活は変わっていく。旦那の浮気はなくなり、今では本当に心から幸せを感じているようだ。

占い師にも色々いる。「こうしないと、ぜったいに不幸になるから」などと一方的に脅して、自分の言うとおりに相談者がしないと我慢しない占い師。サギっぽい霊媒師はこんな感じだよね。

でも、この電話占いはそうではなかった。相談者を励まし、確実に幸せに導いていった。
占いってそうあるべきだと思う。

困っているから相談する、励ましてもらいたいから相談する、そんな気持ちの弱った人の「心の迷い」に手助けをするのが占いの役割じゃないだろうか。

ちなみにこの電話占いは「ドリームボートアニー」というものだそうだ。

私も聞いてほしいことがある。
私は、昔から人と接することが苦手だ。以前、誕生日から占ってもらったことがあったが、「あなたはやさしい! 動物とこどもにやさしい!」と言われたが、それ以外はウダツが上がらないようなことを言われてしまった。
私には小さな夢がある。大勢の中で楽しく会話をすることだ。
どうしたら人と上手に接することができるのか、この先、そんな小さな夢をかなえることができるのか、それを占ってもらいたい。



2011.01.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tinton2.blog136.fc2.com/tb.php/87-574738b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。